自立生活援助の活用と居住支援法人との連携促進のための研修会が開催されます(お知らせ)

優勝、そして感涙。又村です。

一部のマニアには良く知られていますが(笑)又村は神奈川在住のオリックスファンでして、正確には阪急ブルーウェーブ時代が一番なのですが、その後も細々とファンを続けてきた身として、今回の優勝は感慨深いというか、どう喜んでいいか分からないレベルでした。

・・という、まさか夢なのか?!というネタはさておき、今日は又村もお手伝いしている「自立生活援助の活用と居住支援法人との連携促進のための研修会」が開催されます、というお知らせです。

【自立生活援助の活用と居住支援法人との連携促進のための研修会(第1回)】
(開催趣旨)
自立生活援助事業は、障害者ご本人の意思を尊重した地域生活を支援するためのサービスとして 平成30年度に創設され、令和3年度の報酬改定により居住支援法人との連携等を対象とした加算等の評価が強化されています。本サービスを活用した、障害者の地域生活支援のさらなる充実を図るため、以下の2つを目的とした研修会を開催いたします。※本研修は、研修カリキュラム作成のためのモデル研修となります。

① 自立生活援助の概要や支援方法・運営について学び、新規指定の取得や、より効果的な事業の実践に活かして頂く。または、新規指定事業所の拡充に繋げて頂く。
② 障害者の地域生活支援において欠かせない「居住支援」のあり方について理解を深め、自立生活援助事業所と居住支援法人の連携による重層的な支援体制の構築に活かして頂く。

主催:
PwCコンサルティング合同会社公共事業部(厚生労働省受託事業)

開催日:
令和3年11月24日(水)9時40分 ~ 16時40分
会場:
オンライン開催(Zoomを予定)
参加対象:
 自立生活援助事業者
 自立生活援助事業に関心のある相談支援事業・障害福祉サービス提供事業者
 自立生活援助事業に関心のある居住支援法人
 自立生活援助事業者または居住支援法人との協働に関心のあるその他関係者 (自治体職員、基幹相談支援センター職員、地域生活支援拠点等の関係者等)
定員:
60名
参加費:
無料(ただし、定員に達した場合、募集を締め切らせて頂くことがございます)
参加方法:
お申込み頂いた方を対象に、Zoom及び研修資料のURLをお送り致します。
当日は参加申込時に登録頂いたメールアドレスにてZoomにサインインの上ご参加をお願い致します。
研修の最後にグループディスカッションを予定しておりますので、カメラオンでご参加下さい。 なお、Zoomへの接続は各自でのご対応をお願い致します。
申込方法:
以下のURLにより、11月17日(水)までにご登録ください。
https://forms.gle/viAuMyK84Xjm6wkS9

カリキュラム:
午前の部 09:40 ~ 12:30
開会あいさつ 岩上 洋一 (社会福祉法人 じりつ 理事長)
1.自立生活援助の制度
2.自立生活援助の支援の全体像と実施の流れ
 岡部 正文(一般社団法人 ソラティオ 代表理事)
3.自立生活援助の支援のポイント
 岡部 正文(一般社団法人 ソラティオ 代表理事)
 丹羽 彩文(社会福祉法人 昴 理事長)
 前沢 孝通(医療法人孝栄会 前沢病院 理事長)
4.自立生活援助の事業運営
 丹羽 彩文 (社会福祉法人 昴 理事長)

午後の部 13:30 ~ 16:40
5.居住支援法人の制度
6.居住支援法人の支援の概要とポイント
7.自立生活援助と居住支援法人の連携
 友野 剛行(株式会社あんど 代表取締役)
 山口 麻衣子(社会福祉法人清樹会 相談支援専門員)
8.グループディスカッション・質疑応答
 友野 剛行(株式会社 あんど 代表取締役)
 丹羽 彩文(社会福祉法人 昴 理事長)
 山口 麻衣子(社会福祉法人 清樹会 相談支援専門員)

※本研修では以下の参考資料を活用致しますので、適宜ご参照ください。
自立生活援助の運営ガイドブック(PwCコンサルティング合同会社)
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/track-record/assets/pdf/independent-living-support-management-guidebook-2020-guidebook.pdf
居住支援法人 標準テキスト(一般社団法人全国居住支援法人協議会)
https://www.zenkyokyou.jp/%E7%A0%94%E4%BF%AE-%E4%BC%81%E7%94%BB/%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88/

問合せ:
PwCコンサルティング合同会社公共事業部 「自立生活援助事業者と居住支援法人の連携構築のための研修カリキュラム及び ガイドブックの作成」事務局
メールアドレス:jp_cons_mhlw22je@pwc.com

豪華講師陣の研修を無料で受講できるチャンスです。自立生活援助事業や居住支援法人のご関係の皆さま、ふるってご参加ください。

では、今回はこれくらいに。

  • Twitter
  • Facebook