令和5年度海老名市福祉講演会が開催されます(お知らせ)

納まらない。又村です。

毎年のように繰り返す「仕事納めなはずなのに、まったく納まっていない」問題。今年もしっかり引き継ぎまして(笑)見事に年末年始を当てにした業務進行となっております。ご関係の皆さま、本当にごめんなさい・・

・・という、成長しないどころか退化すら感じさせるネタはさておき、今日は令和5年度海老名市福祉講演会が開催されます、というお知らせです。

【令和5年度海老名市福祉講演会】
(タイトル)
障がいのある人が必要な支援を受け続けるために
(開催趣旨)
障害者総合支援法では、障害福祉サービスの利用者が65歳に到達すると、介護保険が優先されることになっています。ただし、一律に介護保険サービス優先という訳でもなく、個々の状況に応じ市町村が判断することとされています。と言われても、今受けているサービスが継続できるのか心配は尽きません。
コロナ禍で中断していた5年ぶりの福祉講演会では、高齢期の障がいのある人への支援のポイントや介護保険との関係などについて、全国手をつなぐ育成会連合会常務理事兼事務局長の又村あおい様にご講演をいただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。

主催 海老名市障害者団体連合会  / 社会福祉法人星谷会 / 海老名市自立支援協議会
http://hoshiyakai.com/
日時 令和6年1月9日(火) 10:00~12:00(受付9:30から開始)
会場 海老名市市民活動センタービナレッジ 1階ホール
https://www.ebina-shimin-act.com/binaledge/about/
内容
講演:「障がいのある人が必要な支援を受け続けるために」
講師:又村 あおい 氏(一社)全国手をつなぐ育成会連合会 常務理事兼事務局長・(公社)発達障害連盟 常務理事(発達障害白書・JLニュース編集長)

後援  海老名市
参加費 無料(講演会の参加申込は不要です。講演会当日会場に直接お越しください)
問合せ
電話 046-238-8004(星谷学園・河原)

主催者様のご厚意により、お住まいに関係なく参加可能とのことです。
内容的には障害のある人の高齢期(いわゆる65歳問題)を中心にお話させていただきます。特にお申込みは不要ですので、ご関心のある方は会場へおいでください。

では、今回はこれくらいに。

  • Twitter
  • Facebook