経済産業省の障害者差別解消法研修会が開かれます(お知らせ)

本年も1年ありがとうございました。又村です。

すっかり大晦日で、皆さま紅白歌合戦やら年末特番やらをご覧になっていることと思います。今年はブログの更新もだいぶゆっくりで情報発信としては不十分だったかと思いますが、来年も同じくらいのペースですので、お付き合いいただけます方は引き続きよろしくお願い申し上げます。

・・という、普通な年末のご挨拶はさておき、今日は経済産業省主催の障害者差別解消法研修会が開かれます、というお知らせです。

【令和5年度障害者差別解消研修(第2弾)】
https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/shougai/index.html
(目的)
障害者差別解消法(改正法)は令和6年4月に施行され、事業者の合理的配慮の提供が、努力義務から「義務」に改められます。今後、事業者においては合理的配慮の提供のための体制や環境整備、また、国・地方公共団体においては相談対応等を行っていくことになります。
本研修は、合理的配慮に関する理解を深めることを目的とします。
令和5年10月に障害者差別解消法研修を開催した際に、大変多くの反響をいただきましたので、第2弾を開催します!令和6年4月の改正差別解消法の施行に向けて、どのような対応が必要なのか考え、準備しましょう。

日時:
令和6年2月6日(火)13時から15時20分(オンライン開催)
対象者:
経済産業省職員(特に業所管課室)
自治体職員
企業・業界団体等のサステナブルビジネスの施策担当者、障害者相談窓口担当者、CSR担当者など
内容:
障害者差別解消法及び経済産業省所管事業者向けの対応指針改正等について 【経済産業省】
障害者を含めた包摂的社会実現・合理的配慮について【全国手をつなぐ育成会連合会】
合理的配慮の提供等に関する事業者の取組事例【株式会社アイシン】
申込:
下記の申込フォームからお申込みください。
フォームURL
https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/kensyu/2023-40-2
申込期限:
令和6年1月22日(月)17時まで
※ 本研修の募集人員の数の上限に達した場合は、上記の期限の前に募集を締め切ります。
※ 応募された研修の受講決定は、実施要領の送付をもって受講決定通知とさせていただきます。
使用アプリ:
Microsoftが提供する「Teams」を用いて、講義等をリアルタイム配信で受講するオンラインにより実施
参加費・募集人員:
参加費は無料、募集は100名程度です
問合せ先:
経済産業政策局経済社会政策室 
03-3501-0650
申込フォームに関する問合先
042-393-2521

というわけで、今回は4月から改正される障害者差別解消法の中でも、特に合理的配慮や建設的対話、あるいは企業活動における合理的配慮のポイントなどをお話させていただきます。ご関心のある方はお早めにお申し込みくださいね。

では、今回はこれくらいに。

  • Twitter
  • Facebook