共生型サービスのセミナー・意思決定支援研修会が開催されます(お知らせ)

コオロギすげー!又村です。

もちろん初めて知ったのですが、なんと!コオロギの鳴き声、正確には鳴くスピード(ピッチ)でほぼ正確な気温が分かるんだって。15秒間の鳴いた回数に8を足し、それを5倍して9で割るらしい。

・・という、方程式の理屈が不明なネタはさておき、今日は、いただいた情報からいくつかセミナーや研修会の情報をお送りいたします。

【津久井やまゆり園 オープンセミナー】
https://tsukui.kyoudoukai.jp/news/20200210-1.html

人権擁護について ~津久井やまゆり園の意思決定支援をもとに~

日時:
令和2年2月20日(木) 15時30分から17時30分
会場:
津久井やまゆり園 芹が谷園舎会議室
https://tsukui.kyoudoukai.jp/facilities/tsukui-yamayurien-serigaya/
対象:
近隣施設・事業所職員、家族など(どなたでも参加できます)
参加費:
無料(事前申込制)
申込み:
下記の連絡先へ所属、氏名、連絡先をお知らせください。
連絡先:
津久井やまゆり園日中支援課
電話  045-443-6870
FAX 045-443-6891

【「共生型サービス」普及推進シンポジウム】
https://www.murc.jp/seminar/t_200305/

開催趣旨:
2018年4月から、介護保険又は障害福祉のいずれかの居宅・日中活動系サービスの指定を受けている事業所がもう一方の制度の居宅・日中活動系サービスの指定も受けやすくする「居宅サービスの指定の特例」として、『共生型サービス』が両制度に位置付けられ、高齢者と障害児者が同一の事業所でサービスを受けやすくなりました。
「共生型サービス」 を通して、①障害者が65歳以上になっても、使い慣れた事業所においてサービスを利用しやすくなる、②障害児者が身近な生活圏域の中で居宅サービスを利用しやすくなる、③地域の実情に合わせて、貴重な既存地域資源(施設、人材等)を有効活用しやすくなることが期待されています。
本シンポジウムでは、「共生型サービス」の普及推進に向けて、「共生型サービス」についてもっと知りたい、関心があるという市民の方、自治体担当職員、介護保険サービス事業者や障害福祉サービス事業者等の皆様とともに、「共生型サービス」の意義や、具体的な事業及び利用イメージ、今後の発展方向等の議論を通じて、新たな「共生型サービス」の理念や重要性についての理解を深めていきます。

日時:
2020年3月5日(木)13:00~16:30(開場 12:30)
会場:
全電通労働会館 全電通ホール
住所:東京都千代田区神田駿河台3丁目6
アクセス:JR中央・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口出口 徒歩5分)
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(B3出口 徒歩5分)
東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅(A5出口 徒歩5分)
都営地下鉄新宿線 小川町駅(A7出口 徒歩5分)
http://www.zhall.or.jp/access.html
対象:
市民一般、「共生型サービス」の実施を予定している・関心のある介護保険サービス事業者や障害福祉サービス事業者の法人本部担当役職員、事業所管理者・担当職員、自治体の「共生型サービス」実施に関する所管部署担当者、当事者、支援団体職員、研究者 等
参加費:
無料(事前申込制・・上記のホームページからお申し込みください)
問合せ:
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事業本部 共生社会部
「共生型サービス 普及啓発事業」事務局
受付担当:塚田、横幕、野田、鈴木陽子
Tel:03-6733-3492(祝日を除く月~金 10:00-17:00)
E-mail:kyoseigata@murc.jp

津久井やまゆり園における意思決定支援を踏まえた権利擁護の講演会、平成30年4月から制度化された「共生型」に特化したセミナーということで、ご関心のある方も多いかと思います。どうぞお早目にお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。

  • Twitter
  • Facebook