「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会」最終とりまとめの振り返り(その1)

いよいよか!?又村です。

実はこっそり神奈川近郊のコアな鉄道ファンの間で話題になっているのが、「特急ひらつか(おだわら)」と表示された回送車のこと。目撃情報多数で、今の湘南ライナーを置き換えるのでは?とのウワサ。ついよいよ平塚駅が特急停車駅に?!

・・という、妄想ばかりが膨らむネタはさておき、 今回から、「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会」の最終とりまとめを見ていきたいと思います。

【取りまとめはこちらから】
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000213332_00020.html
【これまでの議論経過はこちらから】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04612.html

検討会では、まず前提の共有として「日本の福祉制の変遷と現在の状況」をまとめています。
それによると、日本の社会保障は、人生において典型的と考えられるリスクや課題を想定し、その解決を目的に現金給付や福祉サービスの提供などを行ってきたとしています。確かに、児童福祉や障害福祉、高齢者福祉や生活福祉といった属性別、リスク別の福祉はそれなりに整備されています。
ただ、地域の共同体機能が低下してくるにつれて、世帯単位で複合的な生活課題を有している人については属性別、リスク別の福祉で対応が難しい(制度にたどり着くことが困難な)状況になりつつあります。また、人口減少社会においては地域や福祉の担い手も減少しています。
こうしたことを背景として、制度・分野ごとの「縦割り」や支える側・支えられる側という従来の関係を超え、地域や一人ひとりの人生の多様性を前提とし、人と人、人と社会がつながり支え合う取組が生まれやすくなるような新たなアプローチが求められている、としています。

それを具体的に対人援助で考えた場合には、具体的な課題解決を目指すアプローチと、つながり続けることを目指すアプローチが重要であり、本人を中心に「伴走」する意識が大切と指摘しています。
具体的に「伴走型支援」とは、多様で複雑な問題に面しながらも生きていこうとする力を高め(エンパワーメント)、自律的な生を支える支援であると解説されています。「支える」「支えられる」という一方向の関係性ではなく、支援者と本人が支援の中で人として出会うことにより、互いに学び合い、変化する関係性がイメージされています。
一方で地域のありようについては「気にかけあう関係性」という考え方が示されています。これは、一人ひとりが社会に関わる経路は多様であることから「専門職による伴走支援」のみを想定することは適切でないという考え方に基づき、専門職による関わりを得ながら、地域住民が出会い、お互いを知る場や学び合う機会を通じて、地域住民の「気にかけ合う関係性」を広げていく必要がある、というものです。
そして、こうした支援体制を構築するのは市町村であるとしています。

今回はこれくらいに。次回は市町村が実際に何をすることを想定しているのかを取り上げたいと思います。

  • Twitter
  • Facebook