轟課長
英社員

英太郎のひとりごと episode4

こんにちは、英太郎です。ハーティ推進室の日常episode4では、知的障がいに自閉症を併せ持つ沖田さんの行動が取り上げられます。

自閉症〜自己中心の空想的な精神生活

 「自閉症は英語では、autismです。ギリシャ語のautos-(自己)と-ismos(状態)を組み合わせて作られており、現実生活から退却して、自己中心の空想的な精神生活が優越する精神状態 ...
(続きを読む)

英太郎のひとりごと episode 3

第三回は自己肯定感のあり方について考えてみます。
「自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉。」と実用日本語表現辞典にあります。
自己肯定感の高い低いを判断する公平な物差しはどこにあるんだと聞かれれば、そんなものは無いでしょう。自己肯定感はそれぞれの心の感覚、感じ方ですから、正確に計 ...
(続きを読む)

英太郎のひとりごと episode 2

前回は、episode1の沖田さんの「ところかまわず大声で挨拶」するようになったきっかけと、私が解説を書くきっかけとなったのは「ほめ言葉」ではないかと書きました。
私の子供の頃を振り返ると「ほめられる機会」は非常に少なかったと思います。アスペルガーの私は他の子どもと同じことが出来ません。筋が通っていないと自分が感じたことには頑として従わず、全く無視して自分のルールで動きます。親や先生方も ...
(続きを読む)

ご挨拶

皆さんはじめまして。株式会社N通信、ハーティ推進室の轟です。

この度、ハーティサロンの『マンガ ハーティ推進室の日常』という形で、私たちの職場で起きていることを、皆さんにご覧いただくことになりました。

多様性に富んだ当社の社員に、少しでも働きやすい環境を提供するのが私の役目です。
そのために、周囲の理解を得たいことについては、職場の様子を公にしてゆく ...
(続きを読む)